calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2016年281本目海賊とよばれた男

評価:
百田 尚樹
講談社
¥ 1,728
(2012-07-12)
コメント:73

社長命令で平日午後に鑑賞。中年のおっさんおばさんが大半を占める。銀座室町コレドにて。割引デーで1100円ってのも人が入ってた要因。

 

基本、現在と昔を行ったり来たりするのも、熱い男の一生を描くのも、小さいエピソードを寄せ集めて映画にするのも永遠のゼロと一緒。

 

エピソードを小分けにするのって一話完結のドラマを何本か見てるのと同じで映画らしさが失われるような気もするんだけど。オムニバスが悪いとは言わないけど、物語の背骨の部分が薄れるというか。まあ普通で言えば夫を支える夫婦愛をメインに据えるパターンがありがちだろうけど今回はあんな形だしなんだかしっくり来ないよね。出光が下地とは言えフィクションなんだから夫婦の物語にもっと力を入れて適当にもっと感動させる方向にまとめちゃってもいいような気もするけどなんでああいうストーリーなんだろう。

 

あと店主が石油さらいをしている部下を激励にいったシーン。もっと国岡が汚れた感じになんなきゃ駄目だよ、綺麗すぎ。あれは拍子抜け。どうせなら岡田君を裸にして中年ババア向けにサービスカット入れないと。60歳くらいの設定だったから顔のメイクは出来ても体のメイクが難しいからやんなかったのかもしれんがあそこはふんどし一丁になるべきだった。そのシーンをGHQがみてるってしないと日本男児の大和バカ魂が伝わらないんじゃ無いの?

 

通訳の鈴木亮平ね。でかすぎ。あの時代、あんなでかい日本人いたのかと違和感があった。

 

海外メジャーと交渉してて握手した後に中国で争った相手と気づくシーンね。あれはもっと早く気づくべきじゃないの?ぼけてたのかな?

 

根回しなしでいつでも正面突破しようとしてるけど賄賂とかも必要なんでは???ある程度役人とかに金掴ませるのも別に悪くないと思うが。特に戦後のあの時代とかだったら・・・なんつーか、もっと国岡の黒いところが無いと勧善懲悪のヒーロー物と一緒で共感できにくくなってしまう。奥さんに対する非常なところがそれにあたるのかな???でも最後美談で済まそうとまとめてるところがなんか違うんだよなあ・・・

 

まあ文句ばっかり書いたけどでもツボはしっかり押さえて見応えはあったし単純に面白いから観る価値はあり。岡田君は90歳でも違和感なし。72点。


スポンサーサイト

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • 12:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック