calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ミランカ 第23回 紺谷典子 編

いざなぎ景気といっても実感がないのは実体が無いから。個人消費が伸びてない。労働者派遣法=1年→3年に伸びたのは安く人件費をして中国の安い人件費に対抗。経済が伸び供給をするには需要が瞬間的に伸びる。だからインフレが起きて当たり前、なのに日本は物価が下がり続けてる異様な国。つまり異常な状態、日本経済は。デフレ下で金利を上げたらまずい。物価上昇しないのに借りてる住宅ローンの金利が多くなる。金利が上がるマイナスの方が国民は多い。経済元気になってないから金利はあげるべきじゃなかった、ゼロ金利のままが良かった。日銀の評価基準=金利上げたら○、下げたら×。全くの時代遅れの評価基準、先進諸国の中では。公共事業増やせ。必要なインフラはまだある。老朽化してる橋の整備とか。健保は国保だけが赤字。全部赤字ってのは政府の嘘。日本の年金は崩壊しない、賦課方式だったら積立金はゼロでいい。世代間の助け合い。他国は3ヶ月分くらいの余剰金が日本は6年分も余剰金がある。年金積立金(受給者が少なかった時代に払い込まれ給付されずに積み立てられている公的年金の保険料)230兆ある。政府発表の公的年金の積立金は150兆円だが紺谷氏は共済年金の積立金50兆円、企業代行分30兆円を合わせた230兆円が真の積立金で無いかという説アリ。賦課方式なのに積み立て方式であるかというような説明は政府の嘘。国民の不安をあおって保険料上げたり、給付を減らしたりする。税収(歳入)不足が赤字の原因。バラマキ政策は必要、日本も今必要。911の時もバラマキでしのいだ。霞ヶ関埋蔵金=特別会計の余剰金積立金や独立行政法人の資産のうち利用可能と推測される資金。特別会計 一般会計とは別に年金の運営や国債の償還など特定の事業のために設けられてる会計。各省庁が所管し、それぞれに特定の財源を持つ。省のポッケに入れてるがホントは一般会計に返し国民に還元するべき。各省の情報公開は必要。財務省の権限は絶大。

スポンサーサイト

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • 00:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック