calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ

categories

archives

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.03.21 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

127本目 ルパン三世 DEAD OR ALIVE 鑑賞

ルパン三世 DEAD OR ALIVE【劇場版】 ルパン三世 DEAD OR ALIVE【劇場版】                                     ビデオに録画してて、見てる途中に前に見てたことに気づいたような気づかないような・・・覚えてない。健忘症再発。内容は見ても損は無い程度。ルパン以外のキャラ弱い。60点。

本年126本目 輪廻 鑑賞

輪廻 プレミアム・エディション 輪廻 プレミアム・エディション                                     さすがに最後のほうは優香があいつの生まれ変わりだなってわかりますが結構引っ張ってくれるので意外に楽しめます。優香、目に下のクマがひどいけど大丈夫?まあそこそこ。69点。

本年125本目 戦場のアリア 鑑賞

戦場のアリア スペシャル・エディション 戦場のアリア スペシャル・エディション                                      佳作。最後に戦闘シーンを描かなかったのが救い。リアルな戦闘シーンが売りの戦争映画が多すぎるからね。戦争して国対国と個人対個人じゃ意識があまりにかけ離れてるのはやりきれない。もうちょい戦場で歌うシーンで感動的に盛り上げてくれても・・・73点。 

124本目 ホテル・ハイビスカス 鑑賞

ホテル・ハイビスカス ホテル・ハイビスカス                                                        主役の少女のわざとらしいハイテンションがうざい。苦手な映画。でも、ただ底抜けに明るい能天気映画じゃなくて沖縄の歴史の影をしっかり描いてるところは好感がもてる。ネスミスが出てるのにちょい苦笑。30点。                                                                            にほんブログ村 競馬ブログへ

123本目 カポーティ 鑑賞

カポーティ コレクターズ・エディション カポーティ コレクターズ・エディション              フィリップ・シーモア・ホフマンに◎。俺の好きな映画によく出てるけど、出演する映画の選び方もいいんだろうなあ。なんでもレスリングやってたみたいで・・・この映画では取材の中で殺人犯にシンクロしていって気づいたら簡単には引き戻れないところまで入り込んじゃったみたいな内容でしたがホフマンがカポーティ役になりきって逆に見ていて怖くなるくらいでした。各登場人物の距離感もいい。距離感をうまく計って、また理解ある人たち上手に計られたカポーティだったけど、対殺人犯においては自分の計算以上の交流が生まれてその予想外の距離感に戸惑ったんだと思う。抑え目な演出の中で、でも張り詰めた空気感が心地よかった。この演技で燃え尽きないことを祈ります。86点。                                         

122本目 ザ・センチネル陰謀の星条旗

ザ・センチネル 陰謀の星条旗 (ベストヒット・セレクション) ザ・センチネル 陰謀の星条旗 (ベストヒット・セレクション)                                                                           24に乗っかった感じだけどマイコーダグラスの方が主役なのね。DVD、2時間ドラマで十分な出来。お気楽、お手軽ストーリー展開。39点

121本目 ザ・シンプソンズ MOVIE&#8194;鑑賞

                                      皆さんおっしゃる通りこの声優変更はファンを馬鹿にしてるよ。目先の話題作りで吹き替え素人有名人を偏重するのをいい加減いつやめるんだろう。大平透→所ジョージはなんかイメージついたけど(アルフの馬鹿声がぴったりだったからホーマーの声もまあ時間が経てば慣れるかなと・・・)和田アキ子以下は酷い。普通ありえんよこんなこと。サザエさんやドラえもんが映画化されたとき声優を変えますか?ってことだよ。日本でだって長年テレビ放映されてんだから。字幕みようとしても宮崎じゃ吹き替えしかしねーし。字幕見る権利さえもファンには与えられないのですか・・・寂しい限り。映画内容については相変わらず『不健全だけど健全』なものになってます。下ネタ残虐シーンは例の如く、政治的なメッセージも込められており、子供に見せるには不健全だけどこんな自由に主張を乗っけてアニメを作れる(サウスパークしかり)アメリカという国には民主主義の健全さを一応垣間見えるわけで。小さい子供連れた親子もいたけど多分子供には細かいところまでは面白さわからんよ。声優問題除けば80点!

120本目 幸せのポートレート 鑑賞

幸せのポートレート 幸せのポートレート                                           リベラル家族とお堅い長男の婚約者が反りが合わず悪戦苦闘する映画。中盤の食事時に、場の空気読めずにテンパってる婚約者のシーンは巧い。フォローしようと思えば思うほどドツボにはまる・・・悪気はないけどちょっと人との距離感をつかめず不器用なところが良く表現されてました。71点。

119本目 クローサー 鑑賞

クローサー クローサー                                     黒田アーサー、略してクローサー・・・こればっか思い浮かんじゃったよ。前田びばり、略して前バリ並みですいません。クライヴ・オーウェンのリアクションといい、性豪医師役といい一人光ってました。元は戯曲だったらしいけどこれは映画向きじゃないような。映像に意識向かせるより役者やセリフにもっと集中させる演劇の方がやっぱ向いてるような気がする。人間は言葉ひとつで左右される繊細で面倒な生き物なのねって改めて思わせてくれるような作品。まあ、あんま残らない映画。57点。

118本目 佐賀のがばいばあちゃん&#8194; 鑑賞

佐賀のがばいばあちゃん トークショー 佐賀のがばいばあちゃん トークショー                                                                                        吉行になんでしたの?品ありすぎじゃん、あわないよ。俺の中では菅井きんか市原悦子あたりのイメージ。良くわからん回想シーンの合成も興醒め。駄目。32点

| 1/13PAGES | >>